声なきものの唄 サヨリ ネタバレ 結末 【いつか再会する姉のために…】

声なきものの唄 サヨリ ネタバレ 結末

最下層遊郭に売られた少女が見る、
この世の地獄!!

>>まんが王国はこちらから<<

 

明治後期、
瀬戸内海の伊之島で生まれ育った姉妹、
サヨリとチヌ。

 

母はチヌが物ごごろ着く前に亡くなり、
幼いころから父親と3人で暮らしていました

 

ある日、父親は時化の日に無理やり漁に出て
そのまま帰らぬ人となり、
大量の借金だけが残った。

 

どうにもならなくなった姉妹は、
人買いの手にかけられることに。

 

船に乗せられて不安を抱えながら移動し
着いた先、矢津遊郭の屋敷があまりに大きく
チヌは自信を失います。

 

そんなチヌに、
サヨリは優しく二人でがんばろうなと声をかけます。

 

 

このとき、サヨリは17歳、チヌは14歳でした。

 

 

遊郭の中に入っていくと、
たくさんの女郎たちがいて
その目つきの悪いコトにチヌは震えます。

 

 

母親似で器量のよい姉サヨリは、
すぐに上玉と目を付けられ
競り会場の部屋に連れて行かれると
自己紹介もそこそこに、すぐに着物を脱がされた…

 

そうして競りははじまり、
サヨリに値段がつけられていきます。

 

どんどん値段が上がっていく中
サヨリは瀬島という男に
高値で買われていきました。

 

 

一方、
容姿が劣るチヌは最後まで売れ残るものの
下層の店「須賀屋」へ売られ、
下女として働きます。

 

いつか
サヨリと再会できると希望をもちながら…

 

 

チヌは須加屋で、少しずつ成長していった。

 

 

あるとき、チヌのもとに、
サヨリのことを知っているという杉浦が
客として現れます。

 

杉浦は、サヨリの情報を手に入れるためと
チヌに金を要求し、
サヨリの情報がなにより欲しいチヌは
杉浦に金を渡してしまいます。

 

 

しかし、
杉浦はあてにしていた商売の金が入らず、
サヨリのいる京へ渡れなかった、と言いました。

 

そうして、サヨリのことがわかるなら…と
チヌはさらに杉浦にお金を渡します

 

 

そんな日々に、
チヌも疲れがたまってきているものの
頭の中はサヨリのことで一杯で
唯一、情報元となる杉浦に金を渡さないとと
そればかり考える日々を過ごしていました。

 

チヌは来るたびにお金を貸して欲しい
という杉浦を
疑うことはしませんでした。

 

しかし、そんな杉浦は、
実はサヨリの手がかりなど
何も知らない男でした。

 

そして・・・?

 

 

 

>声なきものの唄 本編へ<
*声なきものの唄で検索してくださいね

 

 

 

~・~まんがの無料試し読み方法~・~

 

①まんが王国のサイトで、
 まんがのタイトルを入力して
 検索ボタンをタップします

 

 

②目的のコミック発見!
 タイトルをタップします。

 

 

③”じっくり試し読みをタップします
(”無料試し読み”のまんがもあります)

 

 

読み方を選択すれば、
 試し読みできますよ!

 

>>まんが王国はこちらからどうぞ!<<

 

 

~・~・~入会情報~・~・~

 

サイトを使ってみて良かったら
自分に合ったプランを選んで
利用してみてください。
(月額 500円 1000円 2000円…など
いろいろなコースがあります)

 

入会手続きもカンタンです

 

料金の支払いは、
携帯料金に合算させられる方法があったり
FacebookやGoogleアカウントを使って
(クレジットカード支払)申し込めますよ

 

結構らくちんです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す