阿部定事件 ふたりの女 ネタバレ 漫画 ドラマ 【わたしはお定のようなバカなことはしない…】

阿部定事件 ふたりの女 ネタバレ 漫画 ドラマ

阿部定事件の裏には
もうひとつ隠された物語があった…

>>まんが王国はこちらから<<

 

 

 

昭和11年5月19日 東京

ある事件が新聞に載った…

 

罪の女

旧主人の惨死体に血文字を刻み…

下腹部を刃物で切り落とし持ち去る

猟奇殺人か

 

 

 

“定ちゃん・・・”

この記事を見て、お栄は複雑な心境になった…

 

 

お栄とお定は幼なじみ。

 

しかし、二人の性格は真逆
人生も真逆なものだった。

 

 

お栄の家はしがない左官屋

お定の家は4代も続く大きな畳屋だった。

 

 

お栄は勉強ができ、
女級長として周りから一目置かれ
しかしルックスは並以下のため、
男子とは縁遠かった

 

一方お定は、勉強は嫌いでしたが、顔立ちがよく
男子から人気があり、
よくいろんな男子に乗り換えては

周りに騒がれていた。

 

 

お栄の母親は、よくお栄に
なまじ定ちゃんみたいにかわいいと
浮ついて
ろくな人生送れやしないよと
言っていた。

 

 

お栄本人も
お定のようなバカなことはしない…
と心で思っていた。

 

 

お栄は地味に真面目に、親の言うこと
学校での言うことを聞く堅実な子

お定は、自分のやりたいことなら、
周りがどう思おうと貫く自由な子だった。

 

 

お栄は勉強がとてもできたが
尋常小学校を出るころ、
お栄の父親が体を悪くし
そのため働き、進学を断念した。

 

一方、お定は高等科に進むことになったが
しょっちゅう学校をさぼっては遊び歩いていた。

 

 

ある日、お定は自分の“好い人”をお栄に紹介。

 

村井高…K大生でお金持ち。

色が白くて上品で…お栄も高を見てドキっとした。

 

 

男性と話をするのが苦手なお栄は
さらに無口になっていく。

 

余裕のお定は、冗談でお栄に1回くらい高とデートしてもいいと言うが
それが気に障ったお栄は席を立ち、家に帰った

 

 

 

ある日、お栄が母親から頼まれた荷物を運んでいると
高とお定が高の家に一緒に入るのを見かけ、
裏口から、高の仲間らしき集団が入っていくのも見えた。

“今度のも上玉か”

“ヤツの引っかけは名人級だからな”

 

 

 

気になる会話が聞こえてきたが
お栄は急いでいたし、
お定はちょっとくらいコワイ目にあっても
しょうがない…

その場を立ち去ってしまった。

 

 

 

“このあばずれがっ”

 

お定の家からものすごい怒鳴り声が聞こえてきた。

 

お定は、高の家で悪さをされ
母親が責任取って結婚しろと乗り込んだが
相手にされなかった…

 

そして、それが父親にばれてしまい…

 

 

それからの、お定の素行はおかしくなるほど
堕ちる一方だった。

 

 

>阿部定事件 本編へ<
*阿部定事件で検索してくださいね

 

 

~・~まんがの無料試し読み方法~・~

 

①まんが王国のサイトで、
 まんがのタイトルを入力して
 検索ボタンをタップします

 

 

②目的のコミック発見!
 タイトルをタップします。

 

 

③”じっくり試し読みをタップします
(”無料試し読み”のまんがもあります)

 

 

読み方を選択すれば、
 試し読みできますよ!

 

>>まんが王国はこちらからどうぞ!<<

 

 

~・~・~入会情報~・~・~

 

サイトを使ってみて良かったら
自分に合ったプランを選んで
利用してみてください。
(月額 500円 1000円 2000円…など
いろいろなコースがあります)

 

入会手続きもカンタンです

 

料金の支払いは、
携帯料金に合算させられる方法があったり
FacebookやGoogleアカウントを使って
(クレジットカード支払)申し込めますよ

 

結構らくちんです☆

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す